HOME > 即日キャッシングについて > 本当に即日?

必ずしも即日融資ではない

即日キャッシングが可能な業者に申し込んだとしても、必ずしもその日の内に融資が受けられるわけではありません。業者のよっても申し込み締め切り時間というものがあって、それに間に合わなければ翌営業日の融資となってしまいます。大抵は平日14時まで契約が済めば当日振込みとなっています。
例えば午前中までにWEBより申し込みをし、その後審査を経て契約という形になります。そこまでの手続きを最低限でも平日の14時まで終了しなければ即日融資とならないこともあります。

14時というリミットまでに何が必要なのか

大抵の即日キャッシング業者では、平日の14時までというリミットを設けています。これは多くの場合で一緒ですが、条件は多少異なっていることがあります。
例えば申し込みをするだけで良いのか、契約を済ませないとダメなのか、書類の確認などすべての手続きを終えないと融資ができないなど、それぞれの業者によっても多少条件が異なります。
平日の14時までという基準があっても、中には審査まで通ればOKで後の書類などの提出はその時間を多少越えても良いというケースも見られています。

比較的審査が早いのは消費者金融

今では銀行のWEBローンなど即日キャッシングを提供する所も出てきています。しかし、比較的審査が早い傾向が見られているのが消費者金融です。今ではWEB申し込みに対応し、1秒〜3秒くらいの簡易審査に対応していたり、本審査でも30分くらいで結果が届く業者も多くなっています。
その日の内に本当に融資が受けられるか不安だったら、消費者金融の中でも即日融資や即日審査に対応する業者を選んでみて下さい。WEBに1秒審査など具体的な時間がかかれていればその日に融資を受けられる可能性が高いと判断できます。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る