HOME > 審査について > 審査方法について

コンピュータ簡易審査

キャッシングの審査には3つの方法がありますが、WEBで簡単に申し込めて直ぐに審査結果が分かるのが簡易審査です。スピード審査とか事前審査と呼ばれることもあります。
この方法はコンピュータによって大まかな属性にて判断する方法です。入力項目も多くなくて済み、簡単な属性のみチェックしています。会社員なのか、アルバイトなのか、年収はどのくらいなのかなど大まかな項目を入力するだけで審査結果がわかるシステムです。

信用情報による審査

審査の中でも一番重要となるのが信用情報機関による調査です。これは過去に他社のローンで延滞していないか、多数の申し込みをしていないか、現在の借り入れ状況などを確認するために利用しています。
特に過去に他社での延滞を繰り返している人、債務整理をしたことがある方は審査には通りにくくなっています。この情報は一度信用情報機関に登録されると5年〜7年くらいは情報が残ってしまいます。その期間はローン全般の審査には通りにくくなると考えておきましょう。

属性によるスコアリング

属性によるスコアリングは主にコンピュータで判断されますが、それ以外にも人が調査している場合もあります。実際に勤めている会社に電話をして在籍調査をしたり、顔が見れる対面対応の場合は人物の見た目も判断されているともいわれています。
多くの場合はその会社が決めたスコアリングを採用し、属性によって点数を設けて総合点で判断されています。ある属性に問題があっても、総合的に融資が可能となる場合もあるのです。点数の付け方は会社によっても異なります。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る