HOME > 審査について > 審査が通る秘訣

身の丈にあった借入額を

キャッシングの審査に通るためには、申込者の身の丈にあった希望融資額としましょう。最初からあまり欲張ると融資を断られてしまうこともあります。問題なく利用していれば後で融資限度額は引き上げられることがありますから、まずは少な目の額から申告することをおすすめします。
例えばアルバイトなど収入が少ないなら融資額も少なめに申し込んだり、年収が高くても他社からの借り入れがあるなら融資額を調整するなどです。現在の借り入れ状況や収入などは調査されますから、身の丈にあった融資額を申し込むようにしてみて下さい。

申込者に合わせた募集条件の比較

キャッシング会社によっても、申し込み条件は多少異なります。アルバイトやパートでも定期収入があればOKとしている所もあれば、専業主婦は条件に含めないなど色々な条件が設定されています。申し込む前には必ず、自分の属性と申し込み条件があっているかを確認してみて下さい。
正社員しか申し込むことができないのに、アルバイトで審査に申し込めば落ちてしまうのは当然のことでしょう。消費者金融はアルバイトなど年収が少ない人でも申し込みが可能で、比較的審査はゆるくなっていることが多いようです。

他社からの借り入れは少ないほうが良い

はじめてキャッシングに申し込むなら問題はありませんが、他社に借入があるとその件数によって審査に通るかが変わってきます。1社くらいなら問題無いという会社は多いのですが、年収によっては一概にいうことはできません。
例えば年収が高くても借り入れ件数が多いと審査に通りにくくなったり、年収が少なくても借入がまったく無ければ審査に通るという場合もあります。現在利用している件数の多さや借り入れ総額が影響してきます。他社の借り入れも合わせて年収の3分の1くらいになっている人は、審査が通りにくいと思っておくと良いでしょう。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る