HOME > 利用の注意点 > 金利について

キャッシングの際の金利の決まり方

キャッシングを利用する際には、必ずしも一番低い金利で借りれるわけではありません。ではいったい自分がどの金利が適用されるのかという疑問が出てきます。キャッシングの場合は現在の利用している金額というよりは、限度額によって金利の基準が決まることが多くなっています。
つまり、その人が300万円借りれる属性を持っていればそれに適した金利が適用されやすいということです。金利は限度額だけでは決まりませんが、一つの要素として採用されていることは間違いありません。

信用度の高さでも金利は変わる

まったく同じ基準の人が同じ金額を借りたとしても、金利が変わってくることがあります。これはその人個人の信用度によって金融業者は独自に金利を設定しているからです。
最初は高い金利だった場合でも、問題なく利用している人や優良客だと判断した場合ではその後金利が引き下げられる場合もあります。どのような基準で金利を下げるかは業者によって異なりますが、長く使っていて問題なく返済していれば徐々に信用度は増しやすくなっています。

属性によっても金利は変化する

金融業者はその人物の背景を比較し、点数を付けてスコアリングしています。公務員は10点で自営業は5点などそれぞれの業者が決めた基準に基づき点数付けがされています。その点数が多ければ多いほど、業者にとって貸したい人となるわけで、属性が高いと判断されれば金利が下がる可能性があります。
また、業者は過去のデータに基づき属性モデルを作っており、今まで問題なく返済をしてきた属性の判断基準としています。例えば公務員で持ち家のほうが借り倒れ率が低いなどの独自基準が存在しており、良い条件に満たされるほど金利も影響しやすくなります。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る