HOME > 利用の注意点 > 返済の注意点

少ない返済額だと借金が長期間に

キャッシングの場合リボ払いが選択できます。この返済方法は月々の支払額を一定にできて便利なのですが、金額設定を少なくしすぎると借金が長引きやすいのがデメリットとなっています。
例えば返済期間が長くなってなれば、返済額の多くが利息となるのはわかるでしょう。月々の返済額を少なくした際に良く見られる点で、返済期間が長引くため月々の利息が高くなりやすいのです。月々いくら返せるかで考えるのではなく、利息も含めて毎月の支払額を設定しましょう。

返済を終える前の借り入れには注意

キャッシングの特性上、返済をすべて終えなくても借入が可能です。カードさえ持っていれば限度額以内ならいくらでも借入が可能だからです。
しかし、返済を終えないうちにまた借入を繰り返してしまうと、自分がいったいいくら借りているのかが分かりにくくなってしまいます。借り入れ総額を把握した上で借りるなら良いのですが、無計画に直ぐ借りてしまうのは避けましょう。借りる際にはその都度シミュレーションをして返済計画を立てれば間違いありません。

返済日に注意

キャッシングの借り入れ件数が多くなってしまうと、返済日がわかりにくくなってしまいます。万が一1社でも返済を忘れてしまえば、延滞金がかかったり最悪の場合はブラックリストに載ってしまうこともあります。
また、現代人はキャッシングの返済日以外にも、携帯電話や家賃、光熱費の支払いなど多数の支払日を抱えています。ついつい支払日を忘れてしまうことは良くある話です。携帯電話などを使って返済日の設定をしておき、前日までに分かる工夫をしてみて下さい。ほんの少しの工夫で返済忘れは防ぐことができます。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る