HOME > 利用の注意点 > 慣れの怖さ・・・

キャッシングは慣れが怖い

キャッシングはカードを持っていれば、いつでも融資限度額以内だったら好きなだけお金を借りることができます。最初は小額を借りるなど慎重に利用しても、だんだん慣れてくるとまるで自分の銀行口座からお金を引き出す感覚にもなりかねません。
キャッシングはあくまでも借金という意識を持ち、お金がちょっと必要というときに利用するものではないという感覚の上利用するようにしてみて下さい。上手く使えばクレジットカードのキャッシングより金利が低く便利なのですから、必要最低限に留めるようにしましょう。

簡単に申し込めるから気軽?

キャッシングは今ではネットでの申し込みが可能です。誰にも会わず申し込めて、お金を借りることができるのです。この気軽さから借金という感覚が少ないのは事実でしょう。
借金をしているという意識を高めるためには、自分が利用している金額はいつも把握しておくことをおすすめします。明細書を見たり、WEBのマイページでも確認することができます。融資を繰り返してしまう人のほとんどは、いくら借りているかを知らないのです。

一度お金を借りるとルーズになりやすい

キャッシングの業者の中には30日間無利息期間を設けている所もあります。このサービスが提供できるのは、利用者の一部がリピーターになってくれるからです。それだけ一度手を出してしまうと、繰り返しお金を借りてしまうということなのでしょう。
例えば給料日まであと少しだからという気持ちで借りると、前倒しとなり次の月で使える費用が少なくなります。このときに節制すれば問題ないのですが、また借金を作るような状況になれば、どんどん借金がずれ込んで増えてしまいます。お金を借りたら次の月はちょっと無理してでも返済に充てるくらいがちょうど良いかもしれません。

>>即日キャッシングにおすすめのローン会社はコチラ

このページのトップに戻る